四畳半書房のエロ同人「ゆりかご売りの妻」を読みました。

夫に話せないほどの借金を背負ってしまった主婦ユキノが身体を売るお話。

爆乳のユキノさんが淫売へと堕ちていく様は、Sっ気を強く刺激させられます(*´Д`)ハァハァ

ゆりかご売りの妻
▼中身の覗き見はこちらをタップ▼
【DMMコミック】同人:ゆりかご売りの妻

ゆりかご売りの妻のあらすじ

夏瀬ユキノ(36歳)主婦。夫と娘との3人暮らし。

夫の稼ぎだけでは心もとなく、ユキノも昼はパートに出ているものの、家のローンや娘の学費で家計はカツカツだった。

今日もパートから疲れて帰り、通帳片手に「はぁ・・・」とため息を吐いていると、テレビで何やら景気の良い話がやっていた。

なんでも最近、主婦投資家が増え始めていて、その中でもA子さんという主婦は2年で4億円もの大金を稼いだらしい。

その話に心惹かれたユキノは、さっそく証券会社に口座を開設し、取引を開始した。

すると、毎日のように給料のような金額がプラスになる!!

しばらくそんな日々が続き、たまには奮発して上等なお肉とお酒を~と、はしゃいでいた次の日・・・

なんと、急激な市場変動により、200万円以上あった残高が一気に-1500万円に!!

1500万円をきちんと返さないと、家が差し押さえになると言われたユキノは大慌て!!

不幸中の幸いと言うべきか、証券会社は4回の分割払いでOKと言ってくれた。それでもひと月に380万円も返さなくてはいけない。

ユキノは定期預金を解約したり、消費者金融でお金を借りるも、380万円には届かない。

そんな時にうっかり頼ってしまったのが闇金の「ブラックファイナンス」

このブラックファイナンスでお金を借りてしまったことにより、ユキノは段々と身体を売ることを余儀されなくなってしまう。

ゆりかご売りの妻を読んだ感想

漫画の中で「主婦投資家がどうのこうの~」ってクローズアップされた時点で先の展開が読めてしまい笑ってしまいましたw

「これ、絶対に投資で失敗してお金を失って身体売るヤツや!」って。

まさか200万円が-1500万円にまでなるとは予想してなかったけどw

ってか200万円が-1500万円になるって、株だったら確実に現物じゃなくて信用取引ですよね。素人がレバレッジかけるなとw

もうね、ユキノさんはバカ中のバカ。キングオブ馬鹿。

負けても痛くない金額で投資しなかったのも馬鹿だし、借金になった時に夫に言わなかったのも馬鹿だし、闇金に頼ったのも馬鹿だし、借金返済のために肉便器になったのも馬鹿。

ユキノさんは家族にバレたくない一心で堕ちるところまで堕ちたわけだけど、最後の展開からして将来的に家族にバレないのは無理だと思う。それなら最初から打ち明けといた方が良かったんや。

これを読んでいるキミは無茶な投資しちゃダメだぞ(ゝω・)

それを噛み締めた上で「ゆりかご売りの妻」を読んで、堕ちていくユキノさんでヌキヌキするのもまた一興かとw

ゆりかご売りの妻
▼中身の覗き見はこちらをタップ▼
【DMMコミック】同人:ゆりかご売りの妻